パート薬剤師の求人は人気です!

薬剤師求人 > 薬剤師求人:パートで薬剤師の仕事をしたい!

薬剤師求人:パートで薬剤師の仕事をしたい!

薬剤師の求人の中でパートタイマー勤務を希望する人は少なくありません。家の近所にある薬局やドラッグストアなどで、薬剤師のパート募集を目にする機会は少なくないと思います。ですがそれ以外にも実は多くの薬剤師求人が存在しています。

薬剤師のパート求人のケースでは、病院、調剤薬局、ドラッグストアという業種がほとんどとなります。漢方薬局や企業で活躍する薬剤師さんも少なくありませんが、パート求人ではこれらの求人を目にする機会はめったにいないでしょう。
パート薬剤師が扶養内で働ける年収とは?

勿論住んでいる地方によっても変化はありますが、どのような場所でも調剤薬局とドラッグストアの薬剤師パート募集はたくさんあります。ですが薬剤師としてパートで働きたい場合は、この二つに重点を置くと求人を探しやすいです。

薬剤師のパートの業務内容は、一般的には正社員の業務内容との差はありません。お医者様の出す処方箋に従い薬を出し、患者さんに説明を行うのが調剤薬局での業務で、ドラッグストアの場合はOTC薬品や日用品のお客様に提供します。
公益社団法人 江戸川区薬剤師会

ドラッグストアだけに限られますが、正社員が管理薬剤師や店長などの役職になり、パートやアルバイトが通常業務を遂行するという形が一般的です。

ですが正社員のように週休二日で週5日のフルタイムでという形ではなく、それよりも少ない時間や日程で勤務することも出来ます。こう耳にすると正社員の方よりもパートの方が勤務が楽のように感じますが、パートにもデメリットがないわけではありません。

例えばパートは正社員に比べて報酬は控えめになりますし、福利厚生などもない職場は少なくないです。ボーナスも正社員は手にする事が出来ますが、多くのパートにはボーナスなども存在しません。パートで薬剤師として働くメリットとしては、お休みの希望や働く時間が希望通りになりやすい、ということでしょう。

残業などもほとんどないですし、転勤なども存在しません。家の問題などで、フルタイムで勤務する事が難しい薬剤師さんもいると思いますが、このようなケースではパートという道が提供されていれば、自分らしい働き方で報酬を手にする事が出来ます。

他にも都合で暫く薬剤師のお仕事を休んでいた人などは、最初からフルタイムの仕事に復帰することへの自信をなくしているかもしれません。このような人にとってもパートという働き方は向いています。週に2、3回の勤務で拘束時間も短めの仕事を見つけ、お仕事復帰の足がかりにするのもいいかもしれませんね。

ここまでの、薬剤師のパート求人の探し方をまとめていきましょう。薬剤師のパート求人は、薬局やドラッグストアの店頭に貼られていることも多いですが、お店などに貼られているものが全部の求人ではありません。他にも条件の良い求人を探したいのであれば、転職支援サイトを効率的に活用するのがオススメです。

勿論パートやアルバイトだけではなく、正社員の求人に関しても、細かい条件に叶う案件を探すのには、転職支援サイトはオススメと言えます。

今よりも手にできる報酬をアップさせたい、勤務時間をもうちょっと減らしたい、できれば来るまで職場に通いたい、などなど、人によって希望の条件はあると思いますが勤務条件の交渉も依頼出来ますので、薬剤師のパート求人を捜す前に1度転職支援サイトを確認するのも良い方法です。

保険薬剤師として登録するには

保険薬剤師として働くためには、事前に保険薬剤師の登録を受ける必要があります。 ですが、どのようにして登録を受ければいいのかわからないという方のために保険薬剤師の登録方法についてご紹介します。

まず、手続きを行わなければならないのですが、その手続きを行うのは勤務する保険薬局などがある地域を管轄している地方厚生局などです。 こういったところの事務所などに向かい、手続きを行いましょう。

注意しなければならないこととして、昔は登録手続きを社会保険事務所で行っていたのですが、現在は地方厚生局の事務所等でしか行うことができません。

それから、誤って勤務先の所在地を管轄する地方厚生局の事務所ではないところに申請をしてしまった場合、手続きが完了するまでに時間がかかってしまうことがあります。 転職活動中などの場合はこれは無駄な時間のロスに繋がってしまうわけなので注意しましょう。

必ずしも直接足を運ばなくてはならないというわけではなく、郵送での申請や電子申請も行うことができるので、都合の良いものを選択してみてはどうでしょうか。 場合によっては、勤務先で手続きを代行してくれるところもあるようです。

手続きをする際に必要となるのは、薬剤師免許証のコピーのみ。 あとは登録申請書に必要事項を記載し、提出します。

登録できるのは現在薬剤師として働いている方のみではありません。 例えば、転職活動のために保険薬剤師としての登録を済ませておきたいと考えている方もいるでしょう。

そういった場合も、現在住んでいる住所を管轄している厚生局の事務所などで手続きが可能となっています。

保険薬剤師の登録手続きを済ませておくと、転職などもスムーズに済ませられるケースが多いので、時間を見つけて登録を済ませておいてはどうでしょうか。

登録後は、保険薬剤師登録票というものが交付されるのですが、基本的に勤務先に郵送される形となります。 その後、研修を受講する必要があるため、忘れないようにしましょう。

保健薬剤師とはなに?

薬剤師の働き方はいろいろありますが、その中に保険薬剤師というものがあります。 薬剤師との違いとして挙げられることはいくつかあるのですが、基本的な仕事内容は変わりません。

調剤に関する仕事は薬剤師であれば誰でも行うことができますが、保険薬剤師にしかできない仕事というものもあります。 日本には、公的保険制度として健康保険制度などがありますよね。 このような制度を取り扱う医療機関は保険医療機関であることを事前に指定してもらう必要があります。

薬剤師の場合も同じで、事前に登録を受けている方でなければ保健医療に関わる調剤を行うことができません。 そこで、保健医療に関わる登録を行った人のことを保険薬剤師と呼びます。 保険薬剤師となることによって保険調剤を行うことができるようになるのです。

薬剤師として働いている方はたくさんいますが、最も数が多いといわれているのが調剤薬局で働いている方です。 調剤薬局で働きたいと思っているのであれば、保険薬剤師の認定を受ける必要があります。

これは、現在あるほとんどの調剤薬局が保険調剤薬局であるためです。

保険調剤薬局に限った話ではなく、保健医療に関わる業務を行う職場ではどうしても保険薬剤師である必要があるため、多くの人は保険薬剤師として登録することになるでしょう。

ただ、病院内の薬剤部などで働く場合、保険調剤に関する仕事をしたとしても保険薬剤師である必要はありません。 では、薬剤師になった後にどのような手続きをすれば保険薬剤師になることができるのかについてですが、これは、勤務先の管轄がある地方厚生局で手続きを行うことになります。

手続きというと費用が気になるかもしれませんが、保険薬剤師の登録をする際に手数料などがかかることはありません。 ただ、登録後には研修があり、書類の記入作業などもあります。

職場によっては必須となる登録制度となるわけなので、薬剤師を目指している方は覚えておいた方が良いですね。