イメージ画像

保険薬剤師登録について

2006年以降に大学に入学した薬剤師志望者たちは、薬学部にて6年教育を受け、その後薬剤師の国家試験にパスする事で初めて薬剤師という職業に就けます。

薬剤師が行う仕事は様々ですが、基本となる調剤は薬剤師にとってメインの仕事行っていいですし、薬剤師になった人ならどんな人でもできる仕事です。ただし、「保険薬剤師」と呼ばれる薬剤師だけにしかすることの出来ない仕事もあります。このような保険薬剤師とは、一体どのような薬剤師を指すのでしょうか。

現在日本には公的保険制度というものがあり、例えば健康保険制度なども挙げられます。加入していない人の方が少ない保険制度は、病院などの医療機関にお世話になる際に活用する制度です。

このような保険制度を使うことのできる医療機関では、保険業務に携わるために保険医療機関というお墨付きが必要となってきます。同じように薬剤師やお医者様も保険制度としての指定が保健医療に携わるために必須となるわけです。

保険薬剤師の登録をしていない薬剤師は、資格を持っていても保険調剤に関わることは不可能となります。保険請求を行ったり保険点数の計算などの保健医療に関わるプロセスに必要な仕事を進めるためにも、欠かせない登録が保険薬剤師となります。

薬剤師の職場の中で一番多い職場が調剤薬局です。健康保険制度を活用して多くの日本人が医療機関を利用していますから、その流れで考えても、調剤薬局の多くが「保険調剤薬局」と考えられます。

ですから、保険制度を活用している調剤薬局に勤務するためには、保険薬剤師登録を済ませた薬剤師になることが必須になるのです。

保険調剤薬局以外でも保健医療と関係のある仕事で勤務する薬剤師には、保険薬剤師登録が欠かせません。ですが保険調剤という仕事に携わる職場でも、病院の中にある薬剤部で働くケースでは、保険薬剤師登録の必要はなく、調剤併設されていないドラッグストアで働く際にも登録は不要です。

保険薬剤師登録をする際には、仕事場がある地方厚生局にて登録のプロセスを踏みます。登録をする際に金銭的な負担はありません。書類に記入して提出することと、登録した後には研修に出ることを求められるようです。

恐らく薬剤師という職業に就いたほとんどの人が、保険薬剤師登録を行い勤務しているのでは?と思います。大学を卒業して初めて薬剤師として仕事に就く際や、病院で働いていた薬剤師が他の職場に転職する際などに欠かせない登録制度となりますので、忘れないようにして下さい。

このページの先頭へ