イメージ画像

保険薬剤師と薬剤師の差が知りたい

薬剤師になるには薬学部のある大学で6年間教育を受ける必要があります。6年間学問を修め、国家試験をクリアして、初めて薬剤師という職業に就く事が出来るのです。

薬剤師の行う仕事は様々です。例えば製薬会社に勤めた場合は、新薬の開発や研究、臨床や営業、流通など、薬を必要としている人の元に到着するまでの様々な分野で薬剤師が関係しています。

薬剤師の勤め先は上記の様な製薬会社では、研究や実験に関わる薬剤師、医薬品のデータを提供収集するMRなどがありますし、病院内で勤務する病院薬剤師や、保険調剤薬局勤務の保険薬剤師、保健所や水道局などの行政に勤務する薬剤師などもいるようです。

薬剤師の資格保持者出れば、このように色々な職場を選択する事が可能ですが、公的医療保険に関わる調剤に携われるのは保険薬剤師のみとなります。

ただし気をつけておきたいのは、病院の中に在る薬剤部などで働く病院薬剤師には、同様に保険調剤を扱っていても保険薬剤師のエントリーは不要だということでしょうか。一般的な病院外にある保険調剤薬局に勤務する薬剤師を希望するのであれば、保険薬剤師の登録手続きが必要となります。

一体病院勤務の薬剤師と保険薬局勤務の保険薬剤師、この二つの相違点はどの辺にあるのかといと、薬の調剤や服用方法のアドバイスを患者さんに行うことはどちらの薬剤師も同様となりますが、お医者様の指導の下で業務を行うのが病院薬剤師のみいうことでしょう。

病院薬剤師と言っても外来患者と入院患者では動き方は違ってくるのが通常です。日々新しくなる医療技術にあわせて動いたり、入院患者とのコミュニケーションやその日の病状で治療方針や投薬方針を変更することもあると思います。他にも注射や点滴の調剤が、病院薬剤師の担う役目です。

では病院ではない、個々の医療提供期間である保険薬局の薬剤師はというと、薬剤師が主役のお仕事となります。お医者様からの処方箋に基づき保険調剤を進めていきますが、調剤料点数の計算や考え方、請求に関してまで自分ひとりで行わなければなりません。

それはすなわち保健薬剤師には健康保険についてや介護保険について幅広く深い知識が求められるということです。患者さんの疑問に患者さんが不安になることないよう、薬の案内以外にも金額設定にも解答出来る様な、しっかりとした知識が必要になるのも保険薬剤師の業務のひとつです。

仕事の内容以外にも、携わる薬の中身にも差が出てきます。例えば病院薬剤師では医療麻薬や抗がん剤、麻酔薬に触れる機会も多いです。保険調剤薬局では取り扱う機会はないと思います。

このように院内と院外の薬局ではそれぞれのスタンダードな薬にも違いが現れるのです。病院の近くに併設されている保険薬局などでは、その病院の専門のかによって、頻繁に求められる薬とそうでない薬の差にはっきりとしたと違いが見られると思います。

このページの先頭へ