イメージ画像

薬剤師の仕事は時に処方箋を疑うことも必要

薬剤師の仕事は正確性が求められます。処方箋に書かれている通りに薬を用意し、数を確認して患者さんに手渡さなければなりません。もし薬剤師が薬の種類や量を間違えたら、どんなに医師が良い診断をしてもそれが患者さんに伝わらなくなってしまうのです。

一日に大勢の患者さんが訪れる薬局で仕事をしていると、疲れを感じたり集中力が途切れることもあります。でもそんな状態であっても、ミスだけはしないようにしっかりした気持ちで仕事をしなければなりません。

でも患者さんという人間に向き合う仕事である以上、コミュニケーションの難しさを感じることも時にはあります。素直な患者さんばかりではありませんから、出された薬に文句を言ったり、病気のイライラなどを薬剤師にぶつけてくる人もいます。

薬が苦いとか飲みにくいとか薬剤師に文句を言われても困るのですが、それに対して薬剤師が言い返すわけにもいきません。こういう場合はコミュニケーション能力を発揮して、患者さんの気持ちを汲み取った発言をすると良いでしょう。

また医師も人間である以上、処方箋を書く際にミスをしている可能性もあります。薬剤師は患者さんの薬歴とか、薬を飲み続けている場合は具合が良くなっているかなどをヒアリングします。

たとえば症状が良くなっているのに、いつもよりかなり多めの薬が処方されたとしたら、処方箋を疑うことも必要でしょう。こんな時は、そのまま薬を出してはいけません。疑義照会といって、薬剤師が疑問に思ったらその場で医師に確認することが必要です。

ここで確認したことにより、医師が間違いに気付いて処方箋を訂正することもあるのです。薬の種類によっては重大な影響を及ぼすこともありますから、おかしいなと思ったら必ず確認することが大切です。

薬剤師の仕事は生身の人間である患者さんに対応する分、大変なところもあります。でも薬の間違いを未然に防ぐこともできる重要な業務であることをしっかり認識して仕事をするようにしましょう。

このページの先頭へ